タクシードライバー求人では教育研修が重要

タクシードライバーとしてスタートするため必要な知識


タクシードライバーとして働くために必要となるのが、普通自動車第二種免許です。二種免許とは、報酬を貰ってお客様を乗せて走行するために必要となる免許です。受験をするためには、普通自動車第一種免許を取得してから3年以上経過していることという条件をクリアする必要があります。そのため、18歳になってすぐ運転免許を取得した人でも、21歳にならないとタクシードライバー求人に応募をすることができません。

そんな二種免許は、会社負担で取得を目指せることが多くなっています。二種免許を持たない状態でタクシードライバー求人を探す場合は、免許取得をサポートしてくれる会社を選び応募をすると良いでしょう。ただ、二種免許を取得しても、すぐにタクシードライバーとして働けるわけではありません。実際にタクシードライバーとして働くためには、タクシー業務に関する各種法令や走行する範囲の地理、備え付けの機器の操作など様々なことを学ぶ必要があります。

さらに、大都市圏の場合は二種免許だけでなく地理試験にも合格をしなければ、タクシードライバーとして働くことができません。安心してタクシードライバーとしての仕事をスタートさせたい時は、こうした課題をクリアする教育研修に力を入れている会社を選ぶようにすると良いでしょう。


教育研修期間中の給与にも注目を


教育研修がしっかりと行われるタクシー会社であれば、安心してタクシードライバーとしてのスタートを切ることができます。ただ、教育研修期間中であっても必要となるのが、生活費です。二種免許取得やタクシードライバーとしての知識習得に集中するためには、日々の生活費に困らない環境が必要となります。集中して教育研修などに取り組みたい場合は、最低保証金が用意されているタクシー会社を選ぶことがおすすめです。

最低保証金の金額や支給される期間は会社によって様々です。生活費に対して不安を感じる場合は、最低保証金の金額などを確認した上で、応募をするタクシー会社を選んでいくと良いでしょう。会社によっては、一定期間の給与保証以外に、入社祝い金が用意されていることも少なくありません。

タクシードライバーの仕事というのは、ただお客様を目的地まで運ぶだけでなく、その命を預かる仕事です。それだけに、お客様を乗せるための二種免許を持っていることは勿論、タクシードライバーとしての知識や心構えをしっかりと身につけておく必要があります。そんな知識をしっかりと身につけるためには、教育研修期間中は最低保証金が支給されるなど、勉強に適した環境が整った会社を選んでおくと良いでしょう。

タクシー運転手の募集を行っている求人サイトは数多くあります。会社によって違う歩合率や新人の場合は研修制度の充実を参考にすると良いでしょう。また地域によって給料に差が出るので考える必要があります。