タクシードライバー求人の豊富さ

正社員のドライバーは高収入を目指すことも可能


正社員のタクシードライバーの仕事は、夜間や早朝の勤務を担当することもあり、生活リズムが乱れやすいものの、業績が良いタクシー会社を勤務先に選ぶことで定年まで安定した待遇で働けるといった魅力があります。特に、夜間の業務手当が高額に設定されているタクシー会社の数は年々増加しており、タクシー業界での経験が少ない人も就職をして数年で高収入を目指すことも可能です。最近では、正社員のドライバーを確保するため、勤務体系の見直しや職場環境の改善に努めているタクシー会社も多くあり、新卒者から再就職者まで様々な立場の人が働きやすい状況となっています。

また、タクシー会社によっては正社員のドライバーの希望者を対象に、二種免許の取得にかかる費用の全額をサポートしたり、教習中に手当を支給したりしているところもあります。そのため、他業種からの転職を考えている場合には、就職後に免許を取得しやすい環境が整っているタクシー会社を早めに探し始めるのがおすすめです。その他、タクシー会社で正社員のドライバーとして一定期間勤めた後に個人タクシーの会社を設立したい人は、独立制度が導入されている会社を就職先の候補にすると良いでしょう。


契約社員やパートのドライバーの仕事はシニアにもおすすめ


契約社員やパートのタクシードライバーの仕事は、正社員と比べて出勤日数や労働時間、勤務時間帯などを自由に選びやすく、体力的な負担も少ないため、シニアもチャレンジしやすくなっています。人材不足の状況にあるタクシー会社の中には、短時間の勤務を希望する求職者を対象に就職説明会を開いているところもあります。そこで、タクシードライバーの仕事内容や待遇について知りたい時には、積極的にこうしたチャンスを利用して、不安なく働ける会社を探してみましょう。

大手のタクシー会社においては、契約社員やパートのドライバーに対しても正社員と同様の手当を支給したり、業務研修の機会を用意したりしているところもあるため、年齢や経験年数を気にせず長く働くことが可能です。また、シニア世代のドライバーの活躍ぶりについては、各地のタクシー会社のウェブサイトの採用ページやパンフレットなどに紹介されることがあるため、職場選びの際に参考にしてみると良いでしょう。なお、ボーナスや有給休暇の有無については、それぞれのタクシー会社の経営状態や人事の方針などに大きく左右されるため、条件が良い会社を選ぶうえで、余裕を持って求職者から人気がある会社について調べておきましょう。

タクシー運転手の転職は、比較的初心者でも容易に行うことができます。転職の際には、研修が充実し、給与保証がある転職先を選ぶとよいとされています。